翻訳の世界を見てみよう

翻訳のための知識を学ぶ

まず、特に若い人は大学の学部選びから知りたいでしょう。翻訳の仕事をしている人には、大学の外国語学部や文学部の外国語学科の出身者が多いです。また、翻訳の専門学校が存在しているのでそこに通うこともお勧めです。さらに、中国語専門の学校も少ないですが存在しています。これらの学部を選ばなくても翻訳家になれる可能性は十分にあります。
しかし、翻訳には多くの知識が必要になりますので、1度はきちんとした学校で学ぶ方が良いです。また、翻訳の仕事だけに限りませんが、名の知れた大学を出ている方が就職には有利です。加えて海外留学も、現地の人たちの言い回しなどを学ぶことができ、言語を学ぶための1つの大きな手段となるのでお勧めです。

取っておくと便利な資格

翻訳の仕事に活かせる資格としては、JTA翻訳専門資格試験というものが存在します。日本翻訳協会が主催していて、資格を所持していると就職には有利です。インターネットによる在宅試験なので、どこにいても受験することができます。受験資格もありません。英語と中国語の2言語から選べます。中国語で翻訳がしたい人にとって、持っていて損ではない資格です。翻訳に関する資格として他にも知的財産翻訳検定、翻訳実務検定、文芸翻訳検定が存在しています。また中国語検定、実用中国語レベル認定試験、中国語コミュニケーション能力検定など、中国語に関する資格も多く存在しています。資格を全く持っていなくても翻訳家にはなれますが、受験することで翻訳のレベルアップにもなるでしょう。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る