中国語で翻訳の仕事がしたい人たちへの情報サイト

中国語ができる方必見!翻訳会社に就職するには?

翻訳の世界を見てみよう

学生でも大人でも、翻訳の仕事がしたいと思い始めるタイミングに遅すぎることはありません。語学ができる人もできない人も、いずれにせよまず考えることは学校に行くべきかということかもしれませんね。翻訳の仕事をするために有利となる学校や学部、資格などを調べていきましょう。

学校選びと資格についての知識を知ろう

外国語が得意という人の中には翻訳の仕事をやってみたいと思っている人が多くいると思います。今回の記事では、特に中国語を使った翻訳の仕事に就くためにはどうすればよいのか、という内容になっています。
翻訳の仕事の多くは英語を使った仕事が多いです。中国語が使いたいと思っていても英語翻訳の仕事に比べて情報が少なく、不安になる人もいるかもしれません。基本的に翻訳家になる方法はどの言語でもほとんど変わりません。どのような学校に行けば翻訳家になれるのか、どうやって翻訳の仕事を見つければいいのかなど、知りたいことは多くあると思います。今回はそのような少し気になる情報をまとめました。
また、比較的にいつでも始めやすい職業ではありますが、同時に働き方によって安定した収入を得ることが難しかったりもします。翻訳家はとてもやりがいがある職業です。文章を訳す作業だと思っている人もいるかもしれませんが、とても奥が深いものです。同じ文章でも訳す人の違いで文章のニュアンスなどに大きな差が出てきます。翻訳家と呼ばれる著名人の名を1人くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。翻訳を極めればその名が世界に広がってしまうこともあるのです。
しかし、そのような人はほんの一握りだということも理解しておきましょう。さらに近年は語学に興味を持つ人が増えたことにより、翻訳の仕事がしたいと思う人はどんどん増加しています。正規の仕事の倍率は高くなっているでしょう。翻訳は面白い世界です。この記事は翻訳の仕事に少しでも興味がある人へのコラムとなっていますので是非お楽しみください。

本格的に職探しを始めよう

翻訳の仕事を探していきましょう。一口に翻訳の仕事といっても多くの分類があることも同時に理解しておきましょう。翻訳の仕事を理解することで、より自分がやってみたいと思える仕事内容が見つかるかもしれません。自分に合った働き方も見つけていきましょう。

レベルの高い翻訳ができるようになろう

どのような能力があれば翻訳家になれるのだろうかと思っている人もいるでしょう。より素敵な翻訳をするためにはもちろん様々なコツがあります。書き手の意図をきちんと反映し、さらに日本語として読みやすい翻訳にすることは多くの人が思っているより難しいことなのです。

Topへ戻る